] 社会保険料削減事業部 | 株式会社エストック

社会保険料削減事業部

増額を続ける社会保険料の現状

厚生年金の保険料は、平成16年から毎年0.354%ずつ増え続け、現在は18.3%になります。

これに11.65%の健康保険料を加えると給料の30%以上が社会保険料として徴収されており経営者様の大きな負担になっています

また、2020年9月に厚生年金の等級が追加され社会保険料の負担は無視できない経営課題となっております。

消費税などの引き上げがあった際は騒がれておりますが社会保険料の場合、少しずつ上げていっているため、
ほとんど騒がれていなく「隠れ増税」といった呼ばれ方をすることもあります。

ほとんどの経営者が税金対策はしていますが社会保険料対策はしていません

シャホサクは税金対策の社会保険料版でいくら削減可能か無料診断します

社会保険料推移健康保険料(%)厚生年金保険料(%)
平成16年(2004年)9.0913.93
平成17年(2005年)9.3114.28
平成18年(2006年)9.4514.64
平成19年(2007年)9.4314.99
平成20年(2008年)9.3315.35
平成21年(2009年)9.3915.70
平成22年(2010年)10.8416.05
平成23年(2011年)11.0116.41
平成24年(2012年)11.1116.76
平成25年(2013年)11.6417.12
平成26年(2014年)11.7817.47
平成27年(2015年)11.6217.82
平成28年(2016年)11.6518.30
平成29年(2017年)11.6518.30
平成30年(2018年)11.5718.30
令和元年(2019年)11.7318.30
令和2年(2020年)11.7918.30
令和3年(2021年)11.8018.30

シャホサクについて

シャホサクは国内No.1の社会保険料適正化サービスです。

社会保険料に関する経営者様のお悩みを解決するために社会保険料の削減を提案しており、月間100社以上の企業に導入頂いております。

シャホサクは、年収を変えずに社会保険料を削減することができる=会社負担額が減り、手取りが増える新しいサービスです。

社会保険料だけではなく、税金や年金も考慮したうえでプランを作成しますので、様々なリスクを取り除いた上で導入することが可能です。

社会保険料適正化のメリット

社会保険料の削減をされた方のご感想

株式会社 ※※不動産

最初にメールを見たときはなんか怪しい会社だと思いましたが、当社が社会保険料の高さを毎年気にしていたこともあり、一度資料だけでも見てみようと、資料請求しこちらから、問い合わせをして来ていただきました。詳しく内容を伺うと、私の知らないことばかりで本当に驚きました。結果的に、社会保険料も大幅に削減され、会社の利益も、個人の手取り額も増えて大変良かったです。将来の年金サポートにも相談に乗っていただきました。もっと早く知っていればと思いましたが、今やって良かったです。

有限会社  ※※※建設

シャホサクは、初めて聞く言葉でした。「社会保険料削減」とあったので、興味はありましたが、しばらく放置していました。何回目かの案内で、合法的とあったので、一度聞いてみようと資料請求しました。内容は全く初めて聞くことばかりで、節税の事は常に考えていましたが、社会保険が削減できるのは目からうろこでした。役員は私含めて家内と2人でしたので、2人とも削減でき、会社にも利益が残りました。これから、毎年今まで払っていた保険料が、手元に残りと思うともっと早く初めていればと、思う次第です。STOCさんありがとうございました。

シャホサク導入での削減事例

導入事例①

月収50万円 45歳 製造業 役員
・会社負担額が年間約30万円
・本人負担額が年間約30万円

年間60万円削減

導入事例②

月収100万円 56歳 IT業 役員
・会社負担額が年間約70万円
・本人負担額が年間約70万円

年間140万円削減

導入事例③

月収150万円 48歳 運送業 役員
・会社負担額が年間約105万円
・本人負担額が年間約105万円

年間210万円削減

社会保険料の削減額を無料診断

下記、お問い合わせフォームにて資料をダウンロード!

お電話でのお問い合わせは

0120-83-0046

営業時間:9:00~18:00
日曜祝日定休日(土曜は弊社カレンダーによる)

ホームページからのお問い合わせはこちらから